月別アーカイブ: 2013年6月

断乳3日目

断乳3日目。

昨夜は寝付きはよかったようですが、まだ夜中に何度も起きます。それでも、おっぱいは求めてこなくなったようなので、断乳というか、卒乳?

張って痛みがあったおっぱいも大分痛みが少なくなってようですが、お風呂などでガンガンしぼっているようです。最終的には母乳外来に行くみたいですよ。

しっかりケアしないと乳腺炎などになる可能性もあるのでやれる時にやっておいた方がいいですよね。

日中のおっぱいは一切なくなりました。

そして、やっぱりおっぱいを飲まなくなったらご飯をいっぱい食べるようになりましたね。今まで自分から催促することなんてなかったのに…。

このままスムーズにいけばいいけど…。

断乳2日目

断乳2日目。

初日の昨夜は寝かしつけに約3時間。

カミさん、超頑張ったと思います(汗)

その間、不慮の際に露出してしまうことをおそれ、乳首部分に絆創膏を貼っておいたそうです。いつものように服を剥いでお乳を吸おうとしたら…あるはずの乳首がない!!!

驚愕の表情を浮かべた後、恐怖におののき、泣き叫んだそうです。

そこから、お乳を求めることはせずに、ひたすらアンパンマンのアニメを見せろと3時間わめき続けたんだとか…。現実逃避したんですね。

2日目の今日も、お乳を求める行為は一切ナシ。

それどころかあまり視線を送ることもしません。何となく横目でチラチラ見ている気はしますけど。

断乳の時におっぱいに怖い絵を書いたりするとか聞いたことありますけど、本当に効果あるんですね。驚きました。

思い出すといけないのでお風呂は当分僕です。

ちょっとグズったけど、今日は30分程度で眠りについてくれました。

結構スムーズに断乳できるかも!

と思ったら、お乳の張りがハンパなく、痛みで耐えられないというカミさん。

しぼってもしぼっても張ってしまって、痛みで抱っこもできないほどだとか。

やっぱり予定も決めず行き当たりばったりで突然断乳したのがいけないのでしょうか?

母乳外来に行くみたいです。

断乳

ついにこの日がやってきたみたいです。

断乳

もちろん僕じゃなくて、カミさんです。

知らない人のために説明すると、赤ちゃんがお母さんのお乳を飲むのを半ば無理やり卒業させることです。

卒乳という言葉もあり、こちらは赤ちゃんの方から自発的にお乳を求めなくなり、自然と飲まなくなることをさします。

僕ら夫婦も卒乳してくれることを願っていました…。がその気配は一切ナシ。

1歳半。周囲の同世代の子はほとんどの子が卒業しています。

1歳を過ぎるとおっぱいをおっぱいとして認識するらしく、断乳するのがより大変になるのだとか…。とはいえ、保育園に預けるとかの理由もないのに、1歳になる前からお乳を奪うのは可哀想ってことで、1歳半まで待ってみました。

そして、突然断乳決行!

ホントは、数日前からこの日がきたらお乳とバイバイだよ!とか言い聞かせた方がいいらしいのですが、うちは突然決行したのでそういうのは特になし!

いきなりお預けをくらって大丈夫なのかな。

とりあえず、お乳に絆創膏を貼ってガード。

絆創膏乳を見て、驚いて泣き出し、以降お乳を求めなくなったそうです。

鬼泣きだけど…。

大丈夫かな…。

遺伝子検査で薄毛がわかる。

先日深夜のバラエティー番組で遺伝子検査のことが放送されていました。

アンジェリーナ・ジョリーの乳がん予防の為の乳腺切除は衝撃のニュースでしたよね。

でもそのままにしていたら乳がん発症率が87%。それが、5%にまで減少したそうです。

予防医学として、遺伝子検査が注目を集めているようです。

癌や糖尿病、生活習慣病のリスクをはかる遺伝子検査やってみたいですね。自分がどれくらいリスクを持っているかを知ることによって、健康や生活習慣に目を向けることができますもんね。

ただ、遺伝情報が実際に影響するのは3割と言われているそうです。

残り7割は環境です。

やっぱり生活習慣や環境が大切ってことですよね。

番組で行なっていたのは、AGA遺伝子の検査。AGAは薄毛のことですね。

すでにハゲている芸人がやっても、AGA遺伝子のリスクは低いという結果が出ました。

メチャハゲてる芸人さんだったのですが、この人がハゲる前にAGA遺伝子検査を行なって、もしそこでリスク低いという結果が出たら安心して、生活習慣の見直しとかしませんよね?

でも、実際は超ハゲてる。遺伝的リスクが少ないならその原因は生活環境ってことですよね?

これちょっと怖いですよね?

アンジェリーナ・ジョリーのようにリスクが8割以上という結果が出たら、何かしらの予防策を講じようとしますけど、リスクが低いと出たら安心しちゃいますもんね。

実は僕も番組で紹介されていた自宅でできるAGA遺伝子検査キットを使って検査したことがあるんです。

結果は普通。リスクが高くもなく、低くもないという全くの普通。

将来ハゲるんじゃないかと怯えていた頃なので、少し安心した記憶があります。

でも番組を見て、安心しちゃダメじゃね?って思いましたよ。

あんなにハゲててもリスクが低いという結果が出るんですからね。

遺伝子検査…あんまり気にしなくていいかもっていうのが僕の出した結論です。

リスクが高かろうが低かろうが、普段から健康に気をつけて生活することが健康上のリスクを減らすことにつながるというわけですからね。

渚音楽祭2013

nagisa

渚音楽祭2013

渚音楽祭が今回から調布の味の素スタジアムに会場を移して開催されるみたいですね。

お台場のイメージが強い渚ですが、味の素スタジアム良さそうですね。広々してるし。

何と言ってもうちから近いし(笑)

チョロっと行って帰ってくるのもアリな距離なんで嬉しい。

この前子連れ屋外フェスは結構たいへんってことがわかったからすぐに脱出できるってのは気持ち的に楽。都市型屋外フェスの利点ですね。

出演者で僕が個人的に聞きたいのは水星ステージの「TOSHIO BING KAJIWARA」ことビンさん。

屋外で聞いたことないから聞いてみたいなあ…。毎回、分類不能な音の波に圧倒されるDJです。

チケットは前日までの前売りが4,300円。

開催日は6/29土曜。開場が11:00、開演12:00。

昼間ですよ。間違って夜行かないでくださいねー。

渚オフィシャルHP

季節の変わり目の風邪

週末はひらすら寝てました。

久しぶりに予定のない週末だったので家で色々したいなあ…なんて考えていたのに、結局何もできず…。

タイミングいいのやら、悪いのやら。

もちろん土曜のフランソアは行けませんでした。行った人の話によると、朝9時頃までやっていたそうです。人もかなり入ったようで、TechnoからDubstepまで幅広い選曲でテンションをKEEPし続けていたそうです。朝方Discoもかかったようですけどね。

行きたかったなあ…。

ここ数年まったく運動していません。運動をしなくなってから、季節の変わり目毎に風邪をひくようになりました。

何なんすかね?季節の変わり目って…。

ちょっと調べてみると…季節の変わり目に風邪をひきやすい理由がわかりました。

「恒常性(ホメオスタシス)」が保てなくなるから…。

だそうです。

恒常性(ホメオスタシス)っていうのは、簡単に言うと、人間のカラダが無意識に同じ状態を保とうとする働きのことだそうです。

外の気温が高くなっても、体温は一定に保たれますよね?自律神経が司る生きていく上で重要な部分ですね。

人間のカラダは1日の気温の変化、部屋の気温と外の気温などの様々な変化に対応して恒常性(ホメオスタシス)を保とうとするそうです。

季節の変わり目といえば、暑かったり、寒かったり…気温が安定しませんよね?となると恒常性(ホメオスタシス)を保つ自律神経の働きもフル稼働となるそうです。でもって、その変化があまりに激しいから、恒常性(ホメオスタシス)を保ちにくくなり、結果体温調節ができなったりして風邪をひいてしまうというわけです。

自律神経の働きがしっかりしていれば風邪をひきにくくなるってわけですね。

自律神経の働きを高めるのは運動だったり、規則正しい生活だったり…。

やっぱり運動ですね。

今回の風邪は本当に辛かったので…、完治したら2年ぶりに運動を開始したいと思っています。

AGA治療について

鼻みずとくしゃみが酷いものの、熱はまだそれほどでもないので、この週末で治ってくれればな…って感じです。

さて、話は育毛のことについてです。僕はまだ育毛シャンプーレベルで済んでいますが、本格的に薄毛や前頭部生え際の後退が気になりはじめた人は薄毛治療をかんがえなければいけません。

昔は薄毛になったらリーブ21とか、アデランスとかの育毛サロンでかつらなどを含めた対策を考えなければいけないという感じでした。しかも、かなりの高額で。

かつらって…治ってないじゃん。

とか思っていたので、薄毛=治らないって認識の人が多かったと思います。

でも、今は違います。薄毛は病院で治療して治る時代になっているんです。

凄いですよね…。

それでも、薄毛の進行度によっては治らないパターンもあるのだとか…。そのパターンに入ってたらイヤですね…。でも、去年話題になったIPS細胞などを再生医療を薄毛治療に活用することによって、どんな薄毛でも完治する時代がそう遠くない未来に訪れるそうですよ。

海外で色々研究結果が発表されているみたいです。でも、日本の認可制度はかなり時間がかかるので、この辺はスムーズにいって欲しいですね。大人の事情があるんでしょうけど…その辺はすっきりさせてください。

薄毛に悩む先輩がいて、色々調べてみたんです。そしたら病院での薄毛治療はAGA治療らしいです。

AGAって最近よくCMとかで見ますよね?色々定義はあるみたいですけど、大体の人は薄毛=AGAという認識でOK。原因も色々あるようで、遺伝とか食生活とか頭皮の脂とか、本当に色々です。ただそれも人によって違うらしいので、何とも言えません。

ぶっちゃけ、原因を追求したところで、薄毛の進行は止まってくれないので、一度進行し始めたらAGA治療するしか方法がないみたいです。大丈夫とか言う医師もいるみたいですけどね。

んで、AGA治療って何するの?ってことですが、薬を飲みます。永遠に。ハゲてもいいやって時まで。飲まないとまた進行します…。

薬でも生えない人は植毛だの、メソセラピーだのの外的治療があるようですが、それは今度説明します。

まずは、薬。プロペシアとミノキシジルっていうのを飲みます。

その辺の病院でいいのかっていうとそうではありません。AGAの専門病院がいっぱい出来ています。都内はかなり増えました。地方でも大都市には大分増えたみたいですよ。

普通の病院でもプロペシアを処方してくれるところはあるみたいですけど、プロペシアは薄毛の進行を食い止める役目のお薬。生やすためにはミノキシジルの力が必要だそうです。

大体1ヶ月に1回通院して1ヶ月分処方してもらうのが普通で、大体2万~3万円。

月々って結構たいへんじゃないですか?年間にしたら安くても24万円ですよ。

そうなんですよ…しっかり生えるとはいえ、今も昔も薄毛対策にはお金がかかるみたいです。でも昔は何百万払って全然生えなかった…なんてこともあったみたいだから、それに比べればマシですよね。

それにしても薄毛業界って謎が多いですよね…。いまいちわからないことも多い。サロン系は金額掲載していないし。病院は料金掲載してあるけど、病院毎に料金が違ったり、他の治療がプラスされていたり…。

どっちがいいの?って聞きたくなります。

多分その病院に行ったらうちのやり方が一番効果的とか言うんでしょうから、あてになりません。

ネット上で調べても、料金紹介しているだけでいまいちわからないサイトばっかりだし。僕が調べた中で比較的患者さん目線でわかりやすくAGA治療の病院について紹介しているサイトはこちらでした。

病院だけでなく、その他薄毛に関する情報が色々掲載されていて、超ユーザー目線なので勉強になりましたね。先輩に教えたのもこのサイトです。

これから薄毛対策、AGA治療を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

突発性発疹

昨日から風邪をひいたようで、咳が出てカラタがダルくて…。

今朝起きたら咳は収束気味でしたけど、鼻水とくしゃみが大量。かなり辛い。おまけに子供も39度の熱。うつってしまった…と猛反省。

小児科で診てもらったところ、熱だけなので、夏風邪、もしくは突発性発疹の可能性もあるとのこと。

突発性発疹とは、生後4ヶ月~大体1歳くらいまでの間にかかるウィルス性の発疹。かからない子もいるし、ちょっと遅く2歳くらいまでの間にかかる子もいるそうです。

ウイルス性だけど、感染力はそれほど強くないので爆発的に流行することはないそうです。

症状としては、

急に高熱。咳とかはない。

高熱だけど、わりと元気で食欲もある場合が多い。(もちろんない子もいる)

2.3日熱が続き、ひいたと思ったら次はカラダ全体に発疹。

これも2.3日でひいて終了。

という流れのようです。

うちの子も今のところ高熱だけ。座薬を入れる前はぐったりしていたけど、座薬を入れた後は結構元気。

咳や鼻水はナシ。

可能性としては突発性発疹の可能性ありますね。

風邪でも突発性発疹でも熱が下がるのを祈るばかりです。

明日のフランソアは無理そうですね…。

残念だけど、またの機会です。

って言ってもう何年も行けてないんだよなあ…。

健康診断

30代になってから健康診断に行くようになりました。

先輩や同年代の人に病気で療養する人が出てきたりと、周囲でも年齢と共に健康面での問題出てきているようです。

会社の健康診断はもちろんですが、市町村の無料健康診断もあります。胃癌健診や結核健診、女性なら乳癌健診や子宮頸がんの健診など、年齢によって制限はありますが、無料で受けられる健診がたくさんあります。

数年に一度はお金を払ってPETでの癌検診や、人間ドックなどを受けた方が安心です。僕はまだ人間ドックを受けたことがないのですが、今年は初めて受けてみようかなと思っています。初めてと言えば、最近生まれて初めて胃カメラを飲みました。

結構辛かったー。けど、結果は何もなかったので安心しました。

よく何か出たら怖いのでギリギリまで病院に行かないという人がいますけど、僕は逆です。少しでも体調が悪いと思ったら病院で検査をしてもらって原因や結果が知りたい方です。

もし何かの病気でもそれはそれで覚悟できるし、何もなかったら無駄に不安になる必要はないし。

何か病気かも…と不安になっている状態が一番嫌いです。

色んなところがガタきはじめているので、最近は結構病院に行ってるなあ…。前に育毛にハマってると書きましたけど、今話題のAGAかどうかが心配だったので病院で検査を受けてきました。

あれも結構アバウトなんですね。

結果は、どっちでもないという微妙なモノ。

AGAかもしれないし、そうでないかもしれない。

一番リアクションしにくいですよね。

医師に聞いても、まだ判断つきませんとのこと。結局薄毛や抜け毛が気になるようであれば治療すればいいし、気にならないんであれば治療しなくていいと。

まだそこまで気にしていないんで、治療は受けていませんけど、AGAの遺伝子検査はやんなくていいと思いますよ。ただ、今って遺伝子レベルで色々調べることができるみたいですね。

肥満遺伝子とか、運動神経遺伝子とか。遺伝子レベルでわかっちゃうそうです。

子供の運動神経遺伝子とか調べてみたい気がしますけど、知らない方がいいような気もします。全部が全部遺伝子で決まってしまうと妙に冷めてしまったら人生面白くありませんからね。

ラウリル硫酸Na系シャンプーは避けましょう

最近になって某掲示板をはじめとしたネット上で「ラウリル硫酸Na」系の界面活性剤が使用されているシャンプーは薄毛を促進するから避けろと話題になっているようです。

昔から言われてきたことですけど、結構知らない人いるんですね。育毛や頭髪環境に気を遣っている人なら誰でも知っていると思います。

「ラウリル硫酸Na」は特に危険と言われていますが、他の合成界面活性剤もあまりよくないと言われています。これらを使用するのは原材料が安価で、頭皮脂を根こそぎ取ってくれるので、洗った感があるからだそうです。界面活性剤入りシャンプーを使っていた人が石鹸シャンプーを使うと、全然洗い上がりに満足しないというのはよく言われています。

でも、今は頭皮脂は適度にある方が皮脂の過剰分泌を防ぐので、取り過ぎはよくないというのが当たり前になってきています。

僕は祖父がハゲだったことから、20代前半から育毛に気を遣っていますが、最近になって思ったのはハゲる人は何をやってもハゲるってこと。シャンプーを変えただけでハゲる運命から逃れられるとは思いませんけど、色々な要因が積み重なることで薄毛化するとも言われますから、止めた方がいいって言われているものは避けた方が無難ですよね。

ちなみに僕が使っているシャンプーは前に書いたメソケア

普通のシャンプーよりは高いけど、詰替え用もあるんでその中ではお得な方だと思いますよ。