AGA治療について

鼻みずとくしゃみが酷いものの、熱はまだそれほどでもないので、この週末で治ってくれればな…って感じです。

さて、話は育毛のことについてです。僕はまだ育毛シャンプーレベルで済んでいますが、本格的に薄毛や前頭部生え際の後退が気になりはじめた人は薄毛治療をかんがえなければいけません。

昔は薄毛になったらリーブ21とか、アデランスとかの育毛サロンでかつらなどを含めた対策を考えなければいけないという感じでした。しかも、かなりの高額で。

かつらって…治ってないじゃん。

とか思っていたので、薄毛=治らないって認識の人が多かったと思います。

でも、今は違います。薄毛は病院で治療して治る時代になっているんです。

凄いですよね…。

それでも、薄毛の進行度によっては治らないパターンもあるのだとか…。そのパターンに入ってたらイヤですね…。でも、去年話題になったIPS細胞などを再生医療を薄毛治療に活用することによって、どんな薄毛でも完治する時代がそう遠くない未来に訪れるそうですよ。

海外で色々研究結果が発表されているみたいです。でも、日本の認可制度はかなり時間がかかるので、この辺はスムーズにいって欲しいですね。大人の事情があるんでしょうけど…その辺はすっきりさせてください。

薄毛に悩む先輩がいて、色々調べてみたんです。そしたら病院での薄毛治療はAGA治療らしいです。

AGAって最近よくCMとかで見ますよね?色々定義はあるみたいですけど、大体の人は薄毛=AGAという認識でOK。原因も色々あるようで、遺伝とか食生活とか頭皮の脂とか、本当に色々です。ただそれも人によって違うらしいので、何とも言えません。

ぶっちゃけ、原因を追求したところで、薄毛の進行は止まってくれないので、一度進行し始めたらAGA治療するしか方法がないみたいです。大丈夫とか言う医師もいるみたいですけどね。

んで、AGA治療って何するの?ってことですが、薬を飲みます。永遠に。ハゲてもいいやって時まで。飲まないとまた進行します…。

薬でも生えない人は植毛だの、メソセラピーだのの外的治療があるようですが、それは今度説明します。

まずは、薬。プロペシアとミノキシジルっていうのを飲みます。

その辺の病院でいいのかっていうとそうではありません。AGAの専門病院がいっぱい出来ています。都内はかなり増えました。地方でも大都市には大分増えたみたいですよ。

普通の病院でもプロペシアを処方してくれるところはあるみたいですけど、プロペシアは薄毛の進行を食い止める役目のお薬。生やすためにはミノキシジルの力が必要だそうです。

大体1ヶ月に1回通院して1ヶ月分処方してもらうのが普通で、大体2万~3万円。

月々って結構たいへんじゃないですか?年間にしたら安くても24万円ですよ。

そうなんですよ…しっかり生えるとはいえ、今も昔も薄毛対策にはお金がかかるみたいです。でも昔は何百万払って全然生えなかった…なんてこともあったみたいだから、それに比べればマシですよね。

それにしても薄毛業界って謎が多いですよね…。いまいちわからないことも多い。サロン系は金額掲載していないし。病院は料金掲載してあるけど、病院毎に料金が違ったり、他の治療がプラスされていたり…。

どっちがいいの?って聞きたくなります。

多分その病院に行ったらうちのやり方が一番効果的とか言うんでしょうから、あてになりません。

ネット上で調べても、料金紹介しているだけでいまいちわからないサイトばっかりだし。僕が調べた中で比較的患者さん目線でわかりやすくAGA治療の病院について紹介しているサイトはこちらでした。

病院だけでなく、その他薄毛に関する情報が色々掲載されていて、超ユーザー目線なので勉強になりましたね。先輩に教えたのもこのサイトです。

これから薄毛対策、AGA治療を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です