ラウリル硫酸Na系シャンプーは避けましょう

最近になって某掲示板をはじめとしたネット上で「ラウリル硫酸Na」系の界面活性剤が使用されているシャンプーは薄毛を促進するから避けろと話題になっているようです。

昔から言われてきたことですけど、結構知らない人いるんですね。育毛や頭髪環境に気を遣っている人なら誰でも知っていると思います。

「ラウリル硫酸Na」は特に危険と言われていますが、他の合成界面活性剤もあまりよくないと言われています。これらを使用するのは原材料が安価で、頭皮脂を根こそぎ取ってくれるので、洗った感があるからだそうです。界面活性剤入りシャンプーを使っていた人が石鹸シャンプーを使うと、全然洗い上がりに満足しないというのはよく言われています。

でも、今は頭皮脂は適度にある方が皮脂の過剰分泌を防ぐので、取り過ぎはよくないというのが当たり前になってきています。

僕は祖父がハゲだったことから、20代前半から育毛に気を遣っていますが、最近になって思ったのはハゲる人は何をやってもハゲるってこと。シャンプーを変えただけでハゲる運命から逃れられるとは思いませんけど、色々な要因が積み重なることで薄毛化するとも言われますから、止めた方がいいって言われているものは避けた方が無難ですよね。

ちなみに僕が使っているシャンプーは前に書いたメソケア

普通のシャンプーよりは高いけど、詰替え用もあるんでその中ではお得な方だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です