断乳の弊害

10日以上経ってもお乳を忘れることができない我が子。

失敗か!?

など、色々心配になって調べてみたところ、断乳はよくない!という説があることを知りました。

昔は断乳しないと虫歯になるとか、甘えん坊になるとか、断乳しないことの弊害が叫ばれていたようで、母子手帳にも断乳の時期や方法が詳しく説明されていたようですが、数年前から断乳の記述は一切消されたそうです。

逆に断乳の危険性や弊害が様々な機関の調査であきらかになったからだそうです。

WHO(世界保険機構)でも2歳かそれ以上おっぱいを飲ませた方が子供の成長に良い効果を与えるとの見解を示しているようです。

断乳ではなく卒乳が世界のスタンダードらしいです。

断乳は虐待だ!という言葉や、断乳後、笑わなくなった…などの報告もあり、かなり怖くなってきました。特に調べもせずに、周りがみんな断乳しているからという理由で断乳を敢行してしまったことに後悔し、子供には謝罪の気持ちでいっぱいになりました。

再開すればという気持ちにもなりましたけど、10日以上も止めて再開するのは逆によくないという話も聞き、そこはグッと我慢。このまま忘れて断乳成功するのを祈るばかりです。

それにしても、本当に断乳はダメなんでしょうか?

子供が自然に離れていく卒乳が一番なのはわかりますが、中々卒乳してくれない子がいるのも事実です。現に知り合いの子供は卒乳できず、結局4歳になる手前でやっと断乳したそうです。かなり大変だったと聞きました。これはこれで問題あると思うんですけど…どうなんでしょう?

病院によっても、断乳を推奨するところやしないところなどバラバラ。ネットで調べてもどっちの意見もあり、バラバラ。本当に困ります。

厚生労働省のホームページにも、断乳について触れている箇所は1箇所「虫歯についての項目」のみ

虫歯の観点から言えば、一歳までに卒乳(断乳)する方がいいけど、子供とのスキンシップを考え、精神成長の観点から言えば、自然に卒乳するまで待つというの現在の主流だそうです。

結局どっちがいいんだか…。

寂しい思いをさせて、精神的に影響を与えるのもイヤだし…虫歯にさせるのもイヤだし…。

最終的には私達親が判断しなければいけないってことですね…。

難しいところです。

とりあえず断乳レポートは一旦終了します。

まったくお乳を欲しがらなくなったら、また報告しますね。

断乳記事を最初から読みたい人は断乳カテゴリーからどうぞ。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>