月別アーカイブ: 2013年9月

幼少期にIQが高い人ほどドラッグやアルコールに依存しやすいって…

早期教育。

人間の脳は3歳までに形成されるから、それまでに脳の拡張性を最大限に伸ばしておくべき!

そんな言葉の本が多数発売され、幼児の早期教育を行う教室などに通うお母さん方も大勢いますね。そんな話を聞く度に何かしてあげなきゃ…なんて焦りを感じてたら、早期教育はやっぱりよくない!子供の精神が破壊される!なんて話も聞こえてくるし。子供の頃のIQは大人になってから影響しないとかいう話もあるし…。能力は結局8割遺伝だし、とか言う話もあるし。

いったい何が本当かわかりませんね。

何をやるにしても実験的要素が強すぎて…。結局は自分の人生を踏まえた上で良いと思ったことをさせるしかないと思っています。それ自体もその子にとって良いことかはわかりませんし…。答えは見つかりませんね。

自分はIQテストってやった記憶がないんですけど、小学校とかでみんなやるんですかね?よく飲みの席で昔IQ高かったとか言っている人いますけど、よく覚えてるなあ…とか思って。そんでもって大人になってからもやりませんよね?やっている人はやっているのでしょうか?

イギリスでIQに関する気になる調査があったようです。

数千人の人々に対して、1970年から数十年にわたって、知能指数やドラッグ使用の有無、などの調査がおこなったところ、幼少期に高いIQ(知能指数)だった男性は、そうじゃない人の2倍、ドラッグを使用しやすかったそうです。女性はもっと多くて3倍。過去の調査ではアルコール摂取量も多いことがわかっているそうです。

5、10、16歳の時にIQを調査し、その子達が30歳になった時にマリファナ、ヘロインなどの違法ドラッグをやったことがあるかを聞いたそうです。平均IQ100のところ、107~158の高IQの方がやったことがあると答えた人が多かったとのこと。

具体的な原因はわかっていないそうですが、2倍、3倍って結構な差ですけどね。

もちろん、IQをが高くてもそうならない人はたくさんいるわけで全部が全部とは言えませんけど、天才過ぎて、現世に満足できなくなっちゃうんですかね。

こんな世の中、飲まずにやってられるか!

そんな感じでしょうか…。

研究者の一人であるジェームス・ホワイト教授は、IQの高い子供は好奇心旺盛で、より高い興奮を求めやすい傾向にあるのではないか?

とか言っているみたいです。

新しい世界にチャレンジする精神が間違った方向に働いてしまったということでしょうか…。

IQを高くする為に躍起になる早期教育は効果的なのかもしれませんけど、結果大人になった時にジャンキーになってしまったら意味ありませんよね。

優れた頭脳、好奇心を正しい方向に導いてあげる教育も大事だってことですね。

http://thechart.blogs.cnn.com/2011/11/14/high-iq-linked-to-drug-use/

ポストフィナステリド症候群って…超怖い…

将来の薄毛を気にする者としては、昨今のハゲ治療の進歩は本当にこころ強い限りです。AGA治療薬の登場によってハゲは病院で治療できるようになりました。

初期段階であれば、ある程度の年齢まで薄毛を抑制し、発毛させることが可能らしいです。じいさんになってからハゲるのは仕方ないことなので諦めもつきますよね。

育毛シャンプーなどの頭皮ケアで様子を見つつ、危険域に入ったらいずれお世話になろうと思っていたのですが、何だかちょっと怖い事を知ってしまいました。

日本の病院で処方されているAGAの治療薬はプロペシアというもので、主成分がフィナステリドというものらしいです。実はこのフィナステリドは稀に副作用の危険性があるので注意が必要みたいなんです。

とはいえ、世界一薬の認可基準が厳しい日本で認可されているフィナステリドですから、副作用といっても他の風邪薬等でも発症する程度の確率で、ほとんどの人が大丈夫と聞いていました。

副作用の症状は性欲減退などが主な症状。フィナステリドは元々前立腺のお薬で男性ホルモンに働きかけるのでこの副作用もわかります。しかも、例え副作用が出たとしても、服用を止めれば3週間程で体内から薬が抜けるので平気とも聞いていました。

しかし、最近ポストフィナステリド症候群なる言葉を知りました。

これは、フィナステリドの服用を辞めても、性欲減退やEDなどの副作用に悩まされ続ける状態のことを指すようです。EU圏では3年前の2010年頃から話題になり、その翌年2011年にアメリカで話題に。そして、昨年2012年にアメリカでポストフィナステリド症候群財団が設立され、一気に世界中に広まったようです。

でも日本で話題になっています?

何だかあまりなっていないような…。

ポストフィナステリド症候群の怖いところは、原因がよくわかっていないというところです。同じように服用していてもなる人もいるし、ならない人もいる。フィナステリドは薄毛治療に効果を発揮するし、規制されているわけでもないから病院で処方される。

実際に症状が出た人の話によると、病院にいってもフィナステリドとの因果関係を証明することはできないとされるようです…。

え?

医師に相談しても大丈夫って言われちゃうんでしょうし…。でもそうなったらなってでフィナステリドとは関係ないただの性欲減退、EDですよー、とか言われちゃうんでしょうか…。

色々怖くて不安になってきた…。