月別アーカイブ: 2018年7月

交通事故の被害者になった場合一番損しない方法

最近ちょっと交通事故絡みで知ったことをメモ。

交通事故の被害者になった際に、やり方によっては損することもあるって知ってました?

保険会社に任せておけば何とかなるだろう。保険にさえ入っていれば何とかなるだろう。そう思っていませんでしたか?僕はそう思っていました。

とりあえず僕が知っていたことは…

交通事故にあったら必ずその場で警察と保険会社に連絡すること。これを怠ると保険で対応してもらえなくなる。

その場で示談に応じたりはしないこと。

物損事故の場合、慰謝料は発生しない。

大体こんな感じ。

この三つは絶対もちろんなんですけど、被害者になった際に損しないようにするには、もう少し知っておくべきことがあります。

被害者になった場合は、相手側、つまり加害者側の保険会社とやり取りすることになります。

相手の保険会社は味方ではありません。何なら敵です。なるべくお金を払わずに済む方に動いてきます。つまり、相手の保険会社の言いなりになってはいけないということです。任せっぱなしなんてもってのほか。

被害者になった場合、怪我はもちろん死亡事故の場合もあるでしょう。それぞれ被害状況に応じて相応の慰謝料を受け取ることができますが、基準や判断の仕方によってもらえる額が大きく変わってきます。

こっちとしてはなるべく多くもらえる基準や判断をしたい。

相手側としては、なるべく少なく抑える基準や判断をしたい。

基準や判断について、意見を出し合いながら慰謝料の額を交渉していくことになります。折り合いがつなかれば最終的に訴訟、裁判ということになります。

事故後、被害にあった状況にこういった交渉はかなり面倒です。しかも相手は交渉のプロ。何だかんだ言いくるめられる危険もあります。

そこでそういった交渉などを任せる相手を利用することが損しない交渉のカギです。

弁護士に頼みます。

弁護士というと、示談交渉でモメて訴訟になった場合にお願いするというイメージがあるかもしれませんが、最初の段階から弁護士にお願いした方が色々とスムーズです。

プロの交渉人にはプロの交渉人というわけです。

弁護士に頼むデメリットは弁護士費用だけ。

それも、今の保険には弁護士費用特約という、弁護士費用を負担してくれるオプションがついている場合が多いので、実質無料。実費がかかったとしても、慰謝料の中から後払いとかのところが多いので持ち出しはゼロの場合が多いようです。

弁護士に頼んだ方が頼まなかった場合に比べて、2倍以上慰謝料額がアップしたという事例があります。後遺症害が残った場合などは10倍以上アップしたなんてケースもあるようです。

弁護士費用を払ったとしても全然お得というわけです。

参照:交通事故で被害者が損しちゃいけません。

もちろん事故のケースによりますけどね。

交通事故の被害にあったら、まず最初に弁護士に相談して、弁護士に依頼した方がいいのかどうかを確認するようにしましょう。

少しでもプラスになりそうならお任せしちゃった方がいいですよ。

交渉を変わりにやってくれるというのはかなり大きいです。