ディズニーの動画配信サービス「ディズニーデラックス」とは?

ディズニーが運営するVODサービス(動画配信サービス)が「ディズニーデラックス」です。

ディズニー公式のサービスなので、ピクサー、スターウォーズ、マーベルなどのディズニー作品を動画配信で視聴することができます。

ディズニー作品だけなので、他のVODサービスとはちょっと毛色が異なりますが、何と言っても世界のディズニーです。超優良コンテンツ揃いですから、ディズニー作品に特化していたとしても契約する価値は十分にあります。

娘がスターウォーズ作品全シリーズ(アニメを含む)観たいというので導入を検討しています。メリットやデメリット、料金やシステムなどを調べたのでみなさんにも共有しますね。

ディズニーデラックスのサービス内容

ディズニー公式の動画配信サービスで、ディズニー作品が視聴可能です。ピクサー、スターウォーズ、マーベルなどの優良コンテンツを見放題。新作はレンタル配信。

作品だけでなく、作品にまつわるオリジナルコンテンツやメイキングなどの他では見れない関連コンテンツも充実。

ディズニーストアで利用できる特典プレゼント企画なんかもあり。

とにかくディズニー好きにはこれだけ観ていても飽きないレベルのコンテンツ量がほぼ見放題で観れちゃうサービス。

複数のアプリがあり、それぞれ楽しめるコンテンツが異なります。作品動画を見るのが「ディズニーシアター」。映画やアニメの限定コンテンツが楽しめるディズニー公式アプリの「ディズニーDX」。スターウォーズ関連のオリジナルコンテンツが楽しめる「スターウォーズDX」。マーベル作品のオリジナルコンテンツが楽しめる「マーベルDX」の4アプリ。

この4アプリ全部でディズニーデラックスです。作品動画観たいだけだから、ディズニーシアターだけ契約したいということはできません。

多分僕もディズニーシアターだけの利用がほとんどだとおもいますけど、全部ついているなら仕方ないですよね。

ディズニーデラックスの料金

月額700円(税込770円)ですべてのサービスが利用可能。

新作レンタルのみ、別途レンタル料が1作品につき500円(税抜)かかります。

高かったらディズニーシアターだけでいいのにと文句を言いたいところですけど、これだけ安くて全部ついているなら文句はありません。かなり安いです。

視聴デバイスは?

アプリを利用することで、PC、タブレット、スマホ、テレビなど、あらゆるデバイスで視聴が可能です。テレビで視聴する場合は、Apple TVやFIRE TV、クロームキャストなどを利用することでテレビに映すことができます。

テレビ投影方法なども、多くの利用しているサービスはしっかり抑えてあるので、不自由がありませんね。

ダウンロード・オフライン視聴はできるの?

Android、iOS端末のみ、新作のレンタル配信作品に限り端末にダウンロードしてオフライン時に視聴可能です。

その他の見放題配信作品のダウンロードは2019年10月時点ではできないようです。

これ結構厳しいな……。

スターウォーズ クローンウォーズのアニメがたくさんあるので、ダウンロードして外出時にちょこちょこ観たかったんだけど……。

レンタル作品しか無理みたいです。この辺の仕様はいずれ変わってくれるといいけど……。

同時視聴できる?

最大5台のデバイスが登録できて、同時視聴は4台まで可能です。

この月額で同時視聴4台はいいですね。他のサービスと比べてもかなり優秀です。

無料体験はある?

初回申込みに限り、31日間の無料お試し期間があります。申込み日から31日間です。解約しない限り31日を過ぎると自動で契約が更新となり、以降月額770円(税込)がかかります。

31日間あれば、観たい作品色々観れちゃいますね。スターウォーズシリーズも全部観れちゃうな。

申込み方法

ドコモのdアカウントが必要になります。

携帯がドコモの人じゃなくてもdアカウントが作れますので、どの携帯を使っていても問題ありません。dTVを利用する際もdアカウントを作成します。

dアカウントを作成

ディズニーアカウントを登録

アプリをダウンロード

この3ステップで利用開始できます。簡単です。

支払いはdアカウントに登録した支払い方法で決済されます。

ドコモの携帯を使っている人は携帯代と合算で請求されるようです。

僕の場合、ドコモじゃないのでdアカウントに登録してあるクレジットカードでも決済になりそうです。

とりあえず、登録してみようかな……。

どうせなら無料期間中にできるだけ色々観て検討したいから、いっぱい作品が観れる月を狙って登録開始しようっと。

登録したら感想レビューを書きますね。

VOD(ビデオオンデマンド)とは?

VODという呼び名は知られているようでまだそこまで世間に浸透していないみたいですね。VODとは「ビデオオンデマンド」の英語の頭文字をとった略称です。

VOD(ビデオオンデマンド)はインターネットを利用した「動画配信サービス」のことです。映画やドラマ、アニメなどのコンテンツをスマホやテレビ、PCなどで視聴することができます。

VODサービスと契約し、サービス側が提供する映像コンテンツを視聴します。作品ごとにお金を払ってレンタルするタイプとサービスと契約するだけで視聴可能な見放題作品があります。見放題配信だけのサービスもあります。

VODサービスの種類

インターネット通信の高速化によってデータ量が多い動画が見れるようになり、ここ数年でVODサービスは爆発的に増えています。

VODという用語に馴染みのない方でも以下のサービス名は聞いたことがあるのではないでしょうか?

Netflix(ネットフリックス)

Hulu(フールー)

Amazonプライムビデオ

Gyao(ギャオ)

これらがVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。

各サービスごとに機能が違っていたり、配信内容が違っていたりします。契約すると月額料金が発生します。月額料金だけで見放題作品が視聴できますが、レンタル配信の場合は、別途レンタル料金が必要になってきます。

YOU TUBEやニコニコ動画はVODじゃないの?

ネットで見る動画サイトと言えば、ユーチューブやニコニコ動画が有名ですが、これらはVODではないのでしょうか?

基本的にYOU TUBEやニコニコ動画はユーザーが動画をアップして共有するので、動画共有サイトと呼ばれています。ただし、最近ではYOU TUBEが一作品ごとにレンタル料を払って映画の視聴ができるようになっており、VOD的なコンテンツも充実しはじめています。

インターネットテレビって何?

インターネットテレビという言葉もあります。これはネットで動画を見るという部分ではVODと同じですが、テレビ同様に放送スケジュールがあり、スケジュールに沿ってコンテンツを配信しているタイプの動画サイトをさします。Ameba TVなどがこれにあたります。オンデマンド配信は、コンテンツをユーザー側が好きなタイミングで視聴できるサービスのことをさします。

最近ではYOU TUBE同様Ameba TVでも作品によってはオンデマンド配信するようになりました。

VODはどれがおすすめ?

VODサービスはサービスごとに配信コンテンツや機能、料金が異なります。

選び方の基本としては、自分が見たいコンテンツ(作品)があるかどうかが一番重要です。見たい作品があるサービスの中から機能や料金を比較し、決定します。

人によっては複数のVODサービスを契約している場合もあります。配信している作品が異なるためです。

VODサービスを決める際の一番スタンダードな手順をご紹介します。

1.まずは見たい作品を配信しているVODサービスを選びます。見たい作品を見放題配信しているサービスの方が月額費用だけで視聴可能です。月額費用が幾らかによって損得は変わってきますが、連続ドラマや連続アニメなどの場合は見放題配信じゃない場合、一話毎にレンタル料がかかったりするので見放題配信の方が断然お得です。

2.複数サービスで配信している場合は、その他の部分でご自身のニーズに合ったサービスを選ぶようにします。

3.月額費用。

4.見放題配信数。見放題配信数が多い方が、月額費用だけで見れる作品が多いです。

5.オフライン視聴が可能かどうか?
ダウンロード機能があるサービスの場合、オンライン時にダウンロードしておけば、圏外の場所でも視聴することができます。また、Wi-Fi環境下でダウンロードしておけば、外出先でパケット量を消費せずにオフラインで視聴できます。外出先での視聴が主な場合はあった方がお得な機能です。

6.同時視聴ができるかどうか。
家族で同時間帯に別作品を視聴する機会があるようなご家庭の場合、同時視聴可能なサービスが便利です。同時視聴数もサービスによって異なるので、最大同時視聴数もチェックし、ご自身にあったサービスを選ぶようにしましょう。

ほとんどのVODサービスで2週間~1ヶ月程度の無料体験期間を設けてあるので、複数サービスで悩んだ場合、一度契約して体験してみるのも手です。

無料体験期間内に解約すれば無料です。

VODサービスの選び方はこちらのページをご参照ください。

 

VODサービスの選び方

近年VODサービスが色々登場して、家で映画を観るのが大分楽になりました。

昔は家で映画を観るといえば、レンタルビデオ店に行ってDVDやブルーレイを借りてくるか、DVD・ブルーレイを購入するかしかありませんでした。

それでも全然十分だったわけですけど、インターネットの普及、そして高速回線の普及によって、ネットを通して映画が観れるようになりました。映像は非常にデータ容量が多いので、昔の遅い回線では無理でしたが、高速回線や、データ圧縮技術の発達によってネットを通してもスムーズに映像が観れるようになったというわけですね。もちろん、ブルーレイなどで観るよりは画質の面で見劣りするかもしれませんが、高画質配信でも対応できるようになっていて、モニター環境にもよりますが、ほとんど気にならないレベルで映画鑑賞が可能だと思います。

何よりも思い立ったらすぐその場で観始めることができるというメリットに勝るものはありません。レンタルビデオ店へ借りに行く手間もいりませんからね。すごい時代です。

VODサービスとは?

VODとはビデオオンデマンドの英語の頭文字ですね。動画配信サービスとか呼ばれたりもしますが、ほとんどの方はサービス名で呼ぶ場合がほとんどだと思います。

現在非常に多くのサービスが登場しています。

日本で一番最初に普及したのはHulu(フールー)。そのあとはAmazon プライムビデオや、Netflix(ネットフリックス)などで、今はU-NEXTなんかが人気です。

ディズニーがVODサービスをはじめたり、Appleがサービスをはじめたりとますます色んなサービスが登場しているので、色々ありすぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまうレベル。

最近どのサービスを選べばいいか聞かれることが増えてきたので、僕なりのVODサービスの選び方をご紹介します。

VODサービスの選び方

僕は常時、2~3サービスと契約しています。

今はNetflixとdTV、Amazonプライムビデオです。

基本的にどのサービスを選ぶかは、観たい作品があるかどうかがで決めるのが一番。観たい作品の配信が終了したら解約してもいいです。

観たい作品が複数のサービスにある場合、全体的に自分の好みにマッチしている作品がある方を選びます。似たようなセレクトが多いですが、それぞれのサービス毎に強味や特徴があります。

まずは観たい作品があること。

その次はサービスの特徴が自分の好みにマッチしているかどうか。

この二つを基準に選ぶようにしています。

ほとんどのサービスに初回登録時、2週間~1ヶ月程度の無料期間があるので、とりあえず入会して使ってみてから決めるのもアリだと思います。

僕が使っているVODサービスを例に説明しますと、まずは「Amazonプライムビデオ」。これはAmazonのプライム会員になると無料で利用できます。VOD関係なくAmazonはネット通販として利用しており、プライム会員だったので利用している感じです。

「dTV」は、主にアンパンマンを子供にみせるために契約しました。いつでもどこでもスマホで視聴可能なVODサービスにおいて、いざってときのアンパンマンが非常に心強い時期がありました。アンパンマンチャンネルがあるサービスは多いですが、dTVを選んだ理由はその安さ。月額500円です。作品毎にレンタル料金が必要なものもありますが、アンパンマンは見放題。あと重視したのが、ダウンロード機能。作品をスマホアプリでダウンロードできるので、オフラインでも視聴可能です。圏外のキャンプ場や、パケット代が気になる出先での視聴に便利です。

そしてNetflix。これはネットフリックスでしか観れない作品があったからです。ネットフリックスに限らず、最近ではオリジナル作品を配信しているサービスが増えてきました。他のサービスでは見ることができない作品です。ネットフリックスはオリジナルの映画やドラマが多く、しかもそのクオリティも高いです。最初にネットフリックスに契約したときはシンガーのニーナ・シモンのドキュメンタリーが観たかったから。今はわかりませんけど、その当時はネットフリックスでしか観ることができなかったのです。

あと、VODにはスポーツ配信がメインのサービスなんかもあります。DAZN(ダゾーン)などです。サッカーのコパアメリカの試合は民放テレビで放送されず、DAZNのみの放送だったので僕も契約しました。ラグビーやバスケットボールW杯などの配信があるときなどにスポットで契約する人も多いようです。

このようにVODサービスにはそれぞれの特徴があるので、観たい作品や番組があるときに自分好みに契約して楽しむという利用の仕方がいいと思います。

VODサービスを選ぶ際のチェックポイント

観たい作品があるか?

これが一番大事。配信の有無はもちろんですが、見放題作品の中に含まれているかがポイント。契約しただけで見れる作品と、契約料プラス、作品毎にレンタル料がかかるものもあるので注意。

作品ごとにどのサービスがあるかを検索できるサイトなんかもあるんで上手に使ってみてくださいね。

参考:https://casty.jp/

サービスの配信作品が自分の好みにマッチしているか?

観たい作品はもちろんですけど、どうせ契約するなら他にも観たい作品があった方がいいですよね。全体的な配信内容はサービスによって特徴があります。国内ドラマが強いとか、映画が強いとか、韓国ドラマ、アニメが強いとか。自分の好みにマッチしたサービスを選ぶようにしましょう。

動画配信以外のサービスにも注目

動画配信だけでなく、電子書籍を配信していたり、毎月ポイントが付与されて、それを映画館のクーポンとして利用できたり、それぞれ色んなサービスがあります。自分にとって役立つサービスを基準にするのもいいと思います。

月額費用だけで選ばない

月額コストは大事ですけど、それだけで選ばずに、サービス内容などしっかり見極め、自分にとって費用対効果が合うかどうかで選ぶようにしましょう。

例えば、U-NEXTは月額費用は2,000円くらいします。ほとんどのサービスが500~1000円くらいなので、値段だけみるとかなり高く感じますけど、それだけの価値があるのも事実。まずU-NEXTには動画だけでなく電子書籍配信もあります。漫画も結構な数あるので、漫画好きな人には大きなメリット。あとは、見放題配信数がNO.1。前述した通り、配信しているけどレンタル料がかかるというものがあります。観たい作品がレンタル配信だった場合、一作品あたり300~500円くらいかかります。たくさん映画が観たいという人には月額2000円払ってでもU-NEXTの方がお得な場合があるんです。また、U-NEXTにはポイント付与サービスがあります。毎月1200ポイント付与されるのですが、これは1200円分のポイントとして利用可能です。レンタルビデオ同様、新作映画なんかはどのサービスも見放題ではなくレンタル料が500円とかかかってくるので、毎月新作をチェックする人は2本は無料で観れるというわけです。電子書籍、漫画の購入費としても利用可能です。毎月漫画や本を購入する人には断然U-NEXTをおすすめしています。最近は忙しくてそこまで映画の本数が観れないので一旦解約しましたが、僕も以前はU-NEXTに入っていました。最近観たい見放題作品も増えてきたので再度契約しようかと思っています。

機能も考える

ダウンロード、オフライン視聴がかのうかどうか。同時視聴が可能かどうか。この辺はチェックしておきましょう。まずオフライン視聴は圏外の場所での視聴や、wi-fi環境外での通信料節約のために役立ちます。オフラインでの視聴機会が多そうな人は必ず可能かどうかをチェックしましょう。

同時視聴は、家族で同時間帯に別々の作品を観る機会がありそうな人には便利な機能です。U-NEXTやネットフリックスには付いています。

各VODサービスの特徴

僕が利用したことがあるサービスになっちゃいますけど、各VODサービスの特徴と僕なりのおすすめポイントをご紹介します。

U-NEXT

見放題配信数NO.1のVODサービスです。映画、アニメ、国内ドラマ、海外ドラマ、バラエティ。バランスよく何でも揃っている印象です。

古い映画やドラマもあるので、映画好きの人にはかなりおすすめ。あと毎月1200ポイント付与されるので新作映画を観る人や、毎月電子書籍を購入する人にもおすすめです。膨大な数な映画がいつでも観れる上に、新作映画や書籍も購入できちゃいます。

オフライン機能や同時視聴もあります。

オールマイティなイメージですね。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム会員であれば誰でも観れるというのは大きいです。作品はどのジャンルもまんべんなく揃っていますけど、他のサービスと被る内容で独自の作品はあまり多くないかも。ただ、最近はオリジナル作品が増えてきて、「バチェラー」なんかが人気のようです。

Netflix

オリジナル作品が最強。「全裸監督」や最近だと、海外ドラマの「チェルノブイリ」なんかも人気です。ここでしか観れない作品なので、他と併用するのもアリ。それくらいの価値はあります。

Hulu

全作品見放題。国内ドラマが強いイメージ。Huluだけの独占も結構多いです。

Paravi

国内複数の民放が共同で運営している動画配信サービス。国内ドラマが強いです。しかも独占が多い。国内ドラマ、しかも最新作好きにおすすめ。最近はドラマのサブストーリーをパラビだけで配信みたいなことも多いようです。

dTV

月額500円という安さが魅力。最近的にはアマゾンプライムとかとあまり変わらないかも。韓国ドラマは独自の作品が多いイメージ。

FOD

フジテレビオンデマンド。フジテレビが運営しているVODサービス。フジテレビのドラマやバラエティに強いです。フジテレビの昔のドラマとか観たくなる作品揃っています。電子書籍の配信もアリ。

DAZN

スポーツ配信サービス。海外サッカーなんかはここでしか観れない試合もあります。スポーツ好きで観たい競技がある人はおすすめ。ライブもやるし、見逃し配信もやるし、テレビではできないアングル変更なんかもできます。サッカー試合の俯瞰のアングルなんかは戦略分析なんかにおすすめ。


この他、アニメに強いサービスやアダルト作品に強いサービスなんかも色々あります。大体どれも無料期間があるので一度使ってみて、自分に合ったVODサービスを見つけてみてください。

交通事故の被害者になった場合一番損しない方法

最近ちょっと交通事故絡みで知ったことをメモ。

交通事故の被害者になった際に、やり方によっては損することもあるって知ってました?

保険会社に任せておけば何とかなるだろう。保険にさえ入っていれば何とかなるだろう。そう思っていませんでしたか?僕はそう思っていました。

とりあえず僕が知っていたことは…

交通事故にあったら必ずその場で警察と保険会社に連絡すること。これを怠ると保険で対応してもらえなくなる。

その場で示談に応じたりはしないこと。

物損事故の場合、慰謝料は発生しない。

大体こんな感じ。

この三つは絶対もちろんなんですけど、被害者になった際に損しないようにするには、もう少し知っておくべきことがあります。

被害者になった場合は、相手側、つまり加害者側の保険会社とやり取りすることになります。

相手の保険会社は味方ではありません。何なら敵です。なるべくお金を払わずに済む方に動いてきます。つまり、相手の保険会社の言いなりになってはいけないということです。任せっぱなしなんてもってのほか。

被害者になった場合、怪我はもちろん死亡事故の場合もあるでしょう。それぞれ被害状況に応じて相応の慰謝料を受け取ることができますが、基準や判断の仕方によってもらえる額が大きく変わってきます。

こっちとしてはなるべく多くもらえる基準や判断をしたい。

相手側としては、なるべく少なく抑える基準や判断をしたい。

基準や判断について、意見を出し合いながら慰謝料の額を交渉していくことになります。折り合いがつなかれば最終的に訴訟、裁判ということになります。

事故後、被害にあった状況にこういった交渉はかなり面倒です。しかも相手は交渉のプロ。何だかんだ言いくるめられる危険もあります。

そこでそういった交渉などを任せる相手を利用することが損しない交渉のカギです。

弁護士に頼みます。

弁護士というと、示談交渉でモメて訴訟になった場合にお願いするというイメージがあるかもしれませんが、最初の段階から弁護士にお願いした方が色々とスムーズです。

プロの交渉人にはプロの交渉人というわけです。

弁護士に頼むデメリットは弁護士費用だけ。

それも、今の保険には弁護士費用特約という、弁護士費用を負担してくれるオプションがついている場合が多いので、実質無料。実費がかかったとしても、慰謝料の中から後払いとかのところが多いので持ち出しはゼロの場合が多いようです。

弁護士に頼んだ方が頼まなかった場合に比べて、2倍以上慰謝料額がアップしたという事例があります。後遺症害が残った場合などは10倍以上アップしたなんてケースもあるようです。

弁護士費用を払ったとしても全然お得というわけです。

参照:交通事故で被害者が損しちゃいけません。

もちろん事故のケースによりますけどね。

交通事故の被害にあったら、まず最初に弁護士に相談して、弁護士に依頼した方がいいのかどうかを確認するようにしましょう。

少しでもプラスになりそうならお任せしちゃった方がいいですよ。

交渉を変わりにやってくれるというのはかなり大きいです。

格安SIMにする手間

いまさらながら格安SIMについて勉強中。

ドコモ、au、ソフトバンクという3大大手キャリアを使うのが当たり前だと思っていたので、最近まわりに格安SIMスマホを利用している人が増えていることにかるく驚いている。

調べてみると、大手キャリアにこだわる理由がほとんどないことに気付く。

色んなプランも登場して、大手キャリアよりも使用内容を細かくカスタマイズできる点も今っぽい。色んなシバリを用意して、意味不明な料金を搾取するようなやり方は時代遅れ。

マジで検討するか…。

3大大手キャリアのメリット・デメリット

ドコモ、au、ソフトバンクを利用するメリットは何?

通信速度が速い

というか、一定の速度はちゃんと保証されている。これが一番大きい。

MVNO(格安SIMの会社)によるらしいけど、遅いところは本当にイラつくレベルで遅いらしい。

キャリアメールが利用できる

これはまあいらないでしょ。

今はLINEとかSNSでやり取りする人も多いだろうし、gmailだってある。

カケホーダイプランなど、電話をかける人にお得なサービス

自分から電話をかける人がお得になるサービスが豊富。

でも格安SIMにもカケホーダイプランなど登場しているし、比較検討する価値アリ。

あとは、同じキャリア同士の通話料無料などもポイント。家族割的なやつね。

料金が高い

格安SIMに比べればやっぱり月額使用料は高い。

契約期間とか無駄な縛りも多い。


家族みんなで同じキャリア使っていますとか、そういうのがない限りは特に大手キャリアである必要性はないかも。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMは、大手キャリアのインフラを利用し、その保守費用や、研究開発費などをかけない分安いというもの。

回線自体は大手キャリアのものを利用しているので、通話品質とか、通信範囲は大手キャリア同様。ドコモ、au、ソフトバンクの特性を引き継いだものとなっている。

地方や、郊外、山間部などはドコモ回線が強いのも一緒。

ドコモ回線を利用した格安SIMが多いので、乗り換え、移行のしやすさも一番。

となると、デメリットって何?

混雑時間帯など通信速度が遅い

一番はこれ。

大手キャリアのように通信速度が一定に保たれていない。

昼休憩時やアフター5など、通話回線が混み合う時間帯は通信速度が遅くなる傾向がある。会社にもよるけど。

キャリアメールが使えない

キャリアメールは使えないけど、同じ電話番号は引き継げるし、オプションでSMSも利用できるので特に問題はないよね。

SMSはLINEなどのアプリの本人確認などで利用することがあるので、つけておいた方が無難。

月額使用料が安い

自分の使い方に応じてプランを変えることができるので、本当に必要な機能だけつけて、必要な料金だけで利用できる。大手キャリアのような無駄なものがないのは本当に気持ちいい。

格安SIMに乗り換える方法

こうなってくるとあとは乗り換え方法とその手間だけな気がする。

その手間が結構面倒だったりするけど、そこだけ少し頑張れば、あとは毎月の固定費、ランニングコストが下手すりゃ半額以下になるんだから、かなりデカい。

手間を書いてみる。

格安SIMの会社を選ぶ

色々あって選ぶのが結構大変そう…。

格安SIMを紹介するサイトとかあるからそういうのを見て比較検討すればいいかな。

今利用しているキャリアスマホを利用する場合、キャリアが対応しているかどうかも重要。対応していないと、最悪通話ができなかったりするので、機種が対応しているかどうかは必ずチェックする必要がある。

今現在の利用内容をチェック

今現在、どのキャリアのスマホをどれくらいの期間使っていて、通信量はどれくらいで、通話量はどれくらいで、使用料はどれくらいというのをチェックして、同じように使える格安SIMを見つける必要がある。

キャリアスマホの場合、解約金の有無や、機種代金は払い終わっているかなどのチェック。

キャリアの解約

問題なければ解約手続きを行う。

SIMロック解除

SIMロック解除が必要なキャリアであれば、SIMロック解除の申請も。

同じ番号を使う場合はMNP予約番号を取得

電話番号をそのまま利用する場合は、MNP予約番号を取得する。

格安SIMの申込み

ネットか店頭で申し込める。

全部終わって、格安SIMカードを受け取ったらキャリアのSIMカードと入れ替えて終了。

変更するタイミングさえ問題なければ、格安SIM会社選びが大変だけど、それ以外は余裕そう。


 

何かいけそうだな…。

でもあと一歩腰が重い…。何で?

そう、一番のデメリットである通信速度が遅いという部分が引っかかっている。

混雑する時間帯だけだとか、会社によって違うとか色々聞くが、実際はどの程度なのかがわからないから躊躇してしまう。

なんだこんなもんか。

ですむ程度なのか。

こんなに遅いの?

と感じるレベルなのか。

使っている人に話を聞いたり、ちょっと使わせてもらったりできればいいけど。

2台持ちで試してみるというのがいいかも。

格安SIMは契約期間のノルマとかないところが多いから、1ヶ月程度2台持ちで使ってみて判断するというのはアリかもしれない。

AGAスキンクリニックのCM

AGAの病院がCMすることが増えてきた気がします。

もともとアートネイチャーとか、アデランス、リーブ21といった育毛サロン系はむかしからバンバンCMうってましたけど、病院の場合は医療広告になるから、CMで訴求できる内容も厳しく制限されているからそう簡単にやれない感じだったんでしょうね。

美容系の病院のCMは多いですけど、特に何をするという内容には一切触れない印象重視のCMばかりですもんね。

薄毛病院のCMで言うと、最近脱税事件で話題のアイランドタワーさんとかは昔からやってましたけど、最近ではその他のAGA専門病院がCMをやるようになってきました。

銀クリさん、そしてAGAスキンクリニックさんが今月末からCMを開始するみたいです。本日プレスリリースも出ているようですね。

これから色んなクリニックがテレビCMやるようになるんですかね。そうなれば、薄毛で悩んでいる人は選ぶ選択肢が増えてよさそうですけど、選ぶ為の知識をしっかり持つ必要がありますよね。

全国展開しているAGAスキンクリニックさんがCMを始めたということで都市部だけでなく地方都市で薄毛に悩む人が専門病院で治療するのがますます当たり前になってきそうですね。

今でも一般の総合病院や皮膚科などではAGA治療薬が処方してもらえますから、近所に専門病院がない地方の人は一般病院でプロペシアだけもらって薄毛の進行を食い止めているらしいです。

AGAスキンさんのテレビCMは、グラビアアイドルの篠崎愛さんが薄毛の人への応援歌を歌う、綺麗なCMです。親身になって悩みを聞いてくれそうって雰囲気がプンプンしますし、篠崎愛さんの歌はうまいしで何だか評判出そうなCMですよね。

髪や頭皮にダメージを与える夏到来ですし、その後には抜け毛が増える秋が控えてますし、AGA治療が注目を集めそうですね。

幼少期にIQが高い人ほどドラッグやアルコールに依存しやすいって…

早期教育。

人間の脳は3歳までに形成されるから、それまでに脳の拡張性を最大限に伸ばしておくべき!

そんな言葉の本が多数発売され、幼児の早期教育を行う教室などに通うお母さん方も大勢いますね。そんな話を聞く度に何かしてあげなきゃ…なんて焦りを感じてたら、早期教育はやっぱりよくない!子供の精神が破壊される!なんて話も聞こえてくるし。子供の頃のIQは大人になってから影響しないとかいう話もあるし…。能力は結局8割遺伝だし、とか言う話もあるし。

いったい何が本当かわかりませんね。

何をやるにしても実験的要素が強すぎて…。結局は自分の人生を踏まえた上で良いと思ったことをさせるしかないと思っています。それ自体もその子にとって良いことかはわかりませんし…。答えは見つかりませんね。

自分はIQテストってやった記憶がないんですけど、小学校とかでみんなやるんですかね?よく飲みの席で昔IQ高かったとか言っている人いますけど、よく覚えてるなあ…とか思って。そんでもって大人になってからもやりませんよね?やっている人はやっているのでしょうか?

イギリスでIQに関する気になる調査があったようです。

数千人の人々に対して、1970年から数十年にわたって、知能指数やドラッグ使用の有無、などの調査がおこなったところ、幼少期に高いIQ(知能指数)だった男性は、そうじゃない人の2倍、ドラッグを使用しやすかったそうです。女性はもっと多くて3倍。過去の調査ではアルコール摂取量も多いことがわかっているそうです。

5、10、16歳の時にIQを調査し、その子達が30歳になった時にマリファナ、ヘロインなどの違法ドラッグをやったことがあるかを聞いたそうです。平均IQ100のところ、107~158の高IQの方がやったことがあると答えた人が多かったとのこと。

具体的な原因はわかっていないそうですが、2倍、3倍って結構な差ですけどね。

もちろん、IQをが高くてもそうならない人はたくさんいるわけで全部が全部とは言えませんけど、天才過ぎて、現世に満足できなくなっちゃうんですかね。

こんな世の中、飲まずにやってられるか!

そんな感じでしょうか…。

研究者の一人であるジェームス・ホワイト教授は、IQの高い子供は好奇心旺盛で、より高い興奮を求めやすい傾向にあるのではないか?

とか言っているみたいです。

新しい世界にチャレンジする精神が間違った方向に働いてしまったということでしょうか…。

IQを高くする為に躍起になる早期教育は効果的なのかもしれませんけど、結果大人になった時にジャンキーになってしまったら意味ありませんよね。

優れた頭脳、好奇心を正しい方向に導いてあげる教育も大事だってことですね。

http://thechart.blogs.cnn.com/2011/11/14/high-iq-linked-to-drug-use/

ポストフィナステリド症候群って…超怖い…

将来の薄毛を気にする者としては、昨今のハゲ治療の進歩は本当にこころ強い限りです。AGA治療薬の登場によってハゲは病院で治療できるようになりました。

初期段階であれば、ある程度の年齢まで薄毛を抑制し、発毛させることが可能らしいです。じいさんになってからハゲるのは仕方ないことなので諦めもつきますよね。

育毛シャンプーなどの頭皮ケアで様子を見つつ、危険域に入ったらいずれお世話になろうと思っていたのですが、何だかちょっと怖い事を知ってしまいました。

日本の病院で処方されているAGAの治療薬はプロペシアというもので、主成分がフィナステリドというものらしいです。実はこのフィナステリドは稀に副作用の危険性があるので注意が必要みたいなんです。

とはいえ、世界一薬の認可基準が厳しい日本で認可されているフィナステリドですから、副作用といっても他の風邪薬等でも発症する程度の確率で、ほとんどの人が大丈夫と聞いていました。

副作用の症状は性欲減退などが主な症状。フィナステリドは元々前立腺のお薬で男性ホルモンに働きかけるのでこの副作用もわかります。しかも、例え副作用が出たとしても、服用を止めれば3週間程で体内から薬が抜けるので平気とも聞いていました。

しかし、最近ポストフィナステリド症候群なる言葉を知りました。

これは、フィナステリドの服用を辞めても、性欲減退やEDなどの副作用に悩まされ続ける状態のことを指すようです。EU圏では3年前の2010年頃から話題になり、その翌年2011年にアメリカで話題に。そして、昨年2012年にアメリカでポストフィナステリド症候群財団が設立され、一気に世界中に広まったようです。

でも日本で話題になっています?

何だかあまりなっていないような…。

ポストフィナステリド症候群の怖いところは、原因がよくわかっていないというところです。同じように服用していてもなる人もいるし、ならない人もいる。フィナステリドは薄毛治療に効果を発揮するし、規制されているわけでもないから病院で処方される。

実際に症状が出た人の話によると、病院にいってもフィナステリドとの因果関係を証明することはできないとされるようです…。

え?

医師に相談しても大丈夫って言われちゃうんでしょうし…。でもそうなったらなってでフィナステリドとは関係ないただの性欲減退、EDですよー、とか言われちゃうんでしょうか…。

色々怖くて不安になってきた…。

断乳最終回…1ヶ月経過

断乳開始約1ヶ月。

一時はどうなることかと思いましたが、さすがに泣き叫んだりはしなくなりました。ただ、うちの子の場合は胸を触ったり、顔を埋めたりすると安心するようで、胸を出せ出せと言ってはくるようです。

最初の頃はあわよくば吸おうとしていたようですが、さすがに諦めたらしく、大人しくサワサワしたり、顔を埋めたりして紛らわせているようです…。

断乳後にあった子供の変化をご紹介します。うちの子にしか当てはまらないかもしれないので、全員がこうなるというわけではありません。参考程度に見てくださいね。

ご飯をモリモリ食べるようになった

一瞬うなされて泣くことはあっても、基本的には朝までグッスリ寝るようになった

甘えん坊になった…ような気がする

こんなところでしょうか。

やっぱり夜寝てくれるようになったのは嬉しいですね。あとご飯も全然食べなかったのでモリモリ食べてくれるようになったのもよかったことの一つです。

一応、断乳しているという意識も夫婦の中になくなったので、これで断乳終了だと思います。カミさんの乳も出なくなったようですしね。

未だ、本当によかったのかどうかは結論が出ていません。

次の子も同じように断乳するかといったら少し悩みます。結果的には良い結果が出ているんですけどね。人格形成に影響を及ぼす的な話を聞くと、よかったのかどうかがわかるのは大分先になりそうです。

断乳の話はこれでおしまいです。

最初から読みたい人は断乳カテゴリーで最初から読んでくださいね。

断乳の弊害

10日以上経ってもお乳を忘れることができない我が子。

失敗か!?

など、色々心配になって調べてみたところ、断乳はよくない!という説があることを知りました。

昔は断乳しないと虫歯になるとか、甘えん坊になるとか、断乳しないことの弊害が叫ばれていたようで、母子手帳にも断乳の時期や方法が詳しく説明されていたようですが、数年前から断乳の記述は一切消されたそうです。

逆に断乳の危険性や弊害が様々な機関の調査であきらかになったからだそうです。

WHO(世界保険機構)でも2歳かそれ以上おっぱいを飲ませた方が子供の成長に良い効果を与えるとの見解を示しているようです。

断乳ではなく卒乳が世界のスタンダードらしいです。

断乳は虐待だ!という言葉や、断乳後、笑わなくなった…などの報告もあり、かなり怖くなってきました。特に調べもせずに、周りがみんな断乳しているからという理由で断乳を敢行してしまったことに後悔し、子供には謝罪の気持ちでいっぱいになりました。

再開すればという気持ちにもなりましたけど、10日以上も止めて再開するのは逆によくないという話も聞き、そこはグッと我慢。このまま忘れて断乳成功するのを祈るばかりです。

それにしても、本当に断乳はダメなんでしょうか?

子供が自然に離れていく卒乳が一番なのはわかりますが、中々卒乳してくれない子がいるのも事実です。現に知り合いの子供は卒乳できず、結局4歳になる手前でやっと断乳したそうです。かなり大変だったと聞きました。これはこれで問題あると思うんですけど…どうなんでしょう?

病院によっても、断乳を推奨するところやしないところなどバラバラ。ネットで調べてもどっちの意見もあり、バラバラ。本当に困ります。

厚生労働省のホームページにも、断乳について触れている箇所は1箇所「虫歯についての項目」のみ

虫歯の観点から言えば、一歳までに卒乳(断乳)する方がいいけど、子供とのスキンシップを考え、精神成長の観点から言えば、自然に卒乳するまで待つというの現在の主流だそうです。

結局どっちがいいんだか…。

寂しい思いをさせて、精神的に影響を与えるのもイヤだし…虫歯にさせるのもイヤだし…。

最終的には私達親が判断しなければいけないってことですね…。

難しいところです。

とりあえず断乳レポートは一旦終了します。

まったくお乳を欲しがらなくなったら、また報告しますね。

断乳記事を最初から読みたい人は断乳カテゴリーからどうぞ。

参考になれば幸いです。