月別アーカイブ: 2019年11月

ディズニーの動画配信サービス「ディズニーデラックス」とは?

ディズニーが運営するVODサービス(動画配信サービス)が「ディズニーデラックス」です。

ディズニー公式のサービスなので、ピクサー、スターウォーズ、マーベルなどのディズニー作品を動画配信で視聴することができます。

ディズニー作品だけなので、他のVODサービスとはちょっと毛色が異なりますが、何と言っても世界のディズニーです。超優良コンテンツ揃いですから、ディズニー作品に特化していたとしても契約する価値は十分にあります。

娘がスターウォーズ作品全シリーズ(アニメを含む)観たいというので導入を検討しています。メリットやデメリット、料金やシステムなどを調べたのでみなさんにも共有しますね。

ディズニーデラックスのサービス内容

ディズニー公式の動画配信サービスで、ディズニー作品が視聴可能です。ピクサー、スターウォーズ、マーベルなどの優良コンテンツを見放題。新作はレンタル配信。

作品だけでなく、作品にまつわるオリジナルコンテンツやメイキングなどの他では見れない関連コンテンツも充実。

ディズニーストアで利用できる特典プレゼント企画なんかもあり。

とにかくディズニー好きにはこれだけ観ていても飽きないレベルのコンテンツ量がほぼ見放題で観れちゃうサービス。

複数のアプリがあり、それぞれ楽しめるコンテンツが異なります。作品動画を見るのが「ディズニーシアター」。映画やアニメの限定コンテンツが楽しめるディズニー公式アプリの「ディズニーDX」。スターウォーズ関連のオリジナルコンテンツが楽しめる「スターウォーズDX」。マーベル作品のオリジナルコンテンツが楽しめる「マーベルDX」の4アプリ。

この4アプリ全部でディズニーデラックスです。作品動画観たいだけだから、ディズニーシアターだけ契約したいということはできません。

多分僕もディズニーシアターだけの利用がほとんどだとおもいますけど、全部ついているなら仕方ないですよね。

ディズニーデラックスの料金

月額700円(税込770円)ですべてのサービスが利用可能。

新作レンタルのみ、別途レンタル料が1作品につき500円(税抜)かかります。

高かったらディズニーシアターだけでいいのにと文句を言いたいところですけど、これだけ安くて全部ついているなら文句はありません。かなり安いです。

視聴デバイスは?

アプリを利用することで、PC、タブレット、スマホ、テレビなど、あらゆるデバイスで視聴が可能です。テレビで視聴する場合は、Apple TVやFIRE TV、クロームキャストなどを利用することでテレビに映すことができます。

テレビ投影方法なども、多くの利用しているサービスはしっかり抑えてあるので、不自由がありませんね。

ダウンロード・オフライン視聴はできるの?

Android、iOS端末のみ、新作のレンタル配信作品に限り端末にダウンロードしてオフライン時に視聴可能です。

その他の見放題配信作品のダウンロードは2019年10月時点ではできないようです。

これ結構厳しいな……。

スターウォーズ クローンウォーズのアニメがたくさんあるので、ダウンロードして外出時にちょこちょこ観たかったんだけど……。

レンタル作品しか無理みたいです。この辺の仕様はいずれ変わってくれるといいけど……。

同時視聴できる?

最大5台のデバイスが登録できて、同時視聴は4台まで可能です。

この月額で同時視聴4台はいいですね。他のサービスと比べてもかなり優秀です。

無料体験はある?

初回申込みに限り、31日間の無料お試し期間があります。申込み日から31日間です。解約しない限り31日を過ぎると自動で契約が更新となり、以降月額770円(税込)がかかります。

31日間あれば、観たい作品色々観れちゃいますね。スターウォーズシリーズも全部観れちゃうな。

申込み方法

ドコモのdアカウントが必要になります。

携帯がドコモの人じゃなくてもdアカウントが作れますので、どの携帯を使っていても問題ありません。dTVを利用する際もdアカウントを作成します。

dアカウントを作成

ディズニーアカウントを登録

アプリをダウンロード

この3ステップで利用開始できます。簡単です。

支払いはdアカウントに登録した支払い方法で決済されます。

ドコモの携帯を使っている人は携帯代と合算で請求されるようです。

僕の場合、ドコモじゃないのでdアカウントに登録してあるクレジットカードでも決済になりそうです。

とりあえず、登録してみようかな……。

どうせなら無料期間中にできるだけ色々観て検討したいから、いっぱい作品が観れる月を狙って登録開始しようっと。

登録したら感想レビューを書きますね。

VOD(ビデオオンデマンド)とは?

VODという呼び名は知られているようでまだそこまで世間に浸透していないみたいですね。VODとは「ビデオオンデマンド」の英語の頭文字をとった略称です。

VOD(ビデオオンデマンド)はインターネットを利用した「動画配信サービス」のことです。映画やドラマ、アニメなどのコンテンツをスマホやテレビ、PCなどで視聴することができます。

VODサービスと契約し、サービス側が提供する映像コンテンツを視聴します。作品ごとにお金を払ってレンタルするタイプとサービスと契約するだけで視聴可能な見放題作品があります。見放題配信だけのサービスもあります。

VODサービスの種類

インターネット通信の高速化によってデータ量が多い動画が見れるようになり、ここ数年でVODサービスは爆発的に増えています。

VODという用語に馴染みのない方でも以下のサービス名は聞いたことがあるのではないでしょうか?

Netflix(ネットフリックス)

Hulu(フールー)

Amazonプライムビデオ

Gyao(ギャオ)

これらがVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。

各サービスごとに機能が違っていたり、配信内容が違っていたりします。契約すると月額料金が発生します。月額料金だけで見放題作品が視聴できますが、レンタル配信の場合は、別途レンタル料金が必要になってきます。

YOU TUBEやニコニコ動画はVODじゃないの?

ネットで見る動画サイトと言えば、ユーチューブやニコニコ動画が有名ですが、これらはVODではないのでしょうか?

基本的にYOU TUBEやニコニコ動画はユーザーが動画をアップして共有するので、動画共有サイトと呼ばれています。ただし、最近ではYOU TUBEが一作品ごとにレンタル料を払って映画の視聴ができるようになっており、VOD的なコンテンツも充実しはじめています。

インターネットテレビって何?

インターネットテレビという言葉もあります。これはネットで動画を見るという部分ではVODと同じですが、テレビ同様に放送スケジュールがあり、スケジュールに沿ってコンテンツを配信しているタイプの動画サイトをさします。Ameba TVなどがこれにあたります。オンデマンド配信は、コンテンツをユーザー側が好きなタイミングで視聴できるサービスのことをさします。

最近ではYOU TUBE同様Ameba TVでも作品によってはオンデマンド配信するようになりました。

VODはどれがおすすめ?

VODサービスはサービスごとに配信コンテンツや機能、料金が異なります。

選び方の基本としては、自分が見たいコンテンツ(作品)があるかどうかが一番重要です。見たい作品があるサービスの中から機能や料金を比較し、決定します。

人によっては複数のVODサービスを契約している場合もあります。配信している作品が異なるためです。

VODサービスを決める際の一番スタンダードな手順をご紹介します。

1.まずは見たい作品を配信しているVODサービスを選びます。見たい作品を見放題配信しているサービスの方が月額費用だけで視聴可能です。月額費用が幾らかによって損得は変わってきますが、連続ドラマや連続アニメなどの場合は見放題配信じゃない場合、一話毎にレンタル料がかかったりするので見放題配信の方が断然お得です。

2.複数サービスで配信している場合は、その他の部分でご自身のニーズに合ったサービスを選ぶようにします。

3.月額費用。

4.見放題配信数。見放題配信数が多い方が、月額費用だけで見れる作品が多いです。

5.オフライン視聴が可能かどうか?
ダウンロード機能があるサービスの場合、オンライン時にダウンロードしておけば、圏外の場所でも視聴することができます。また、Wi-Fi環境下でダウンロードしておけば、外出先でパケット量を消費せずにオフラインで視聴できます。外出先での視聴が主な場合はあった方がお得な機能です。

6.同時視聴ができるかどうか。
家族で同時間帯に別作品を視聴する機会があるようなご家庭の場合、同時視聴可能なサービスが便利です。同時視聴数もサービスによって異なるので、最大同時視聴数もチェックし、ご自身にあったサービスを選ぶようにしましょう。

ほとんどのVODサービスで2週間~1ヶ月程度の無料体験期間を設けてあるので、複数サービスで悩んだ場合、一度契約して体験してみるのも手です。

無料体験期間内に解約すれば無料です。

VODサービスの選び方はこちらのページをご参照ください。

 

VODサービスの選び方

近年VODサービスが色々登場して、家で映画を観るのが大分楽になりました。

昔は家で映画を観るといえば、レンタルビデオ店に行ってDVDやブルーレイを借りてくるか、DVD・ブルーレイを購入するかしかありませんでした。

それでも全然十分だったわけですけど、インターネットの普及、そして高速回線の普及によって、ネットを通して映画が観れるようになりました。映像は非常にデータ容量が多いので、昔の遅い回線では無理でしたが、高速回線や、データ圧縮技術の発達によってネットを通してもスムーズに映像が観れるようになったというわけですね。もちろん、ブルーレイなどで観るよりは画質の面で見劣りするかもしれませんが、高画質配信でも対応できるようになっていて、モニター環境にもよりますが、ほとんど気にならないレベルで映画鑑賞が可能だと思います。

何よりも思い立ったらすぐその場で観始めることができるというメリットに勝るものはありません。レンタルビデオ店へ借りに行く手間もいりませんからね。すごい時代です。

VODサービスとは?

VODとはビデオオンデマンドの英語の頭文字ですね。動画配信サービスとか呼ばれたりもしますが、ほとんどの方はサービス名で呼ぶ場合がほとんどだと思います。

現在非常に多くのサービスが登場しています。

日本で一番最初に普及したのはHulu(フールー)。そのあとはAmazon プライムビデオや、Netflix(ネットフリックス)などで、今はU-NEXTなんかが人気です。

ディズニーがVODサービスをはじめたり、Appleがサービスをはじめたりとますます色んなサービスが登場しているので、色々ありすぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまうレベル。

最近どのサービスを選べばいいか聞かれることが増えてきたので、僕なりのVODサービスの選び方をご紹介します。

VODサービスの選び方

僕は常時、2~3サービスと契約しています。

今はNetflixとdTV、Amazonプライムビデオです。

基本的にどのサービスを選ぶかは、観たい作品があるかどうかがで決めるのが一番。観たい作品の配信が終了したら解約してもいいです。

観たい作品が複数のサービスにある場合、全体的に自分の好みにマッチしている作品がある方を選びます。似たようなセレクトが多いですが、それぞれのサービス毎に強味や特徴があります。

まずは観たい作品があること。

その次はサービスの特徴が自分の好みにマッチしているかどうか。

この二つを基準に選ぶようにしています。

ほとんどのサービスに初回登録時、2週間~1ヶ月程度の無料期間があるので、とりあえず入会して使ってみてから決めるのもアリだと思います。

僕が使っているVODサービスを例に説明しますと、まずは「Amazonプライムビデオ」。これはAmazonのプライム会員になると無料で利用できます。VOD関係なくAmazonはネット通販として利用しており、プライム会員だったので利用している感じです。

「dTV」は、主にアンパンマンを子供にみせるために契約しました。いつでもどこでもスマホで視聴可能なVODサービスにおいて、いざってときのアンパンマンが非常に心強い時期がありました。アンパンマンチャンネルがあるサービスは多いですが、dTVを選んだ理由はその安さ。月額500円です。作品毎にレンタル料金が必要なものもありますが、アンパンマンは見放題。あと重視したのが、ダウンロード機能。作品をスマホアプリでダウンロードできるので、オフラインでも視聴可能です。圏外のキャンプ場や、パケット代が気になる出先での視聴に便利です。

そしてNetflix。これはネットフリックスでしか観れない作品があったからです。ネットフリックスに限らず、最近ではオリジナル作品を配信しているサービスが増えてきました。他のサービスでは見ることができない作品です。ネットフリックスはオリジナルの映画やドラマが多く、しかもそのクオリティも高いです。最初にネットフリックスに契約したときはシンガーのニーナ・シモンのドキュメンタリーが観たかったから。今はわかりませんけど、その当時はネットフリックスでしか観ることができなかったのです。

あと、VODにはスポーツ配信がメインのサービスなんかもあります。DAZN(ダゾーン)などです。サッカーのコパアメリカの試合は民放テレビで放送されず、DAZNのみの放送だったので僕も契約しました。ラグビーやバスケットボールW杯などの配信があるときなどにスポットで契約する人も多いようです。

このようにVODサービスにはそれぞれの特徴があるので、観たい作品や番組があるときに自分好みに契約して楽しむという利用の仕方がいいと思います。

VODサービスを選ぶ際のチェックポイント

観たい作品があるか?

これが一番大事。配信の有無はもちろんですが、見放題作品の中に含まれているかがポイント。契約しただけで見れる作品と、契約料プラス、作品毎にレンタル料がかかるものもあるので注意。

作品ごとにどのサービスがあるかを検索できるサイトなんかもあるんで上手に使ってみてくださいね。

参考:https://casty.jp/

サービスの配信作品が自分の好みにマッチしているか?

観たい作品はもちろんですけど、どうせ契約するなら他にも観たい作品があった方がいいですよね。全体的な配信内容はサービスによって特徴があります。国内ドラマが強いとか、映画が強いとか、韓国ドラマ、アニメが強いとか。自分の好みにマッチしたサービスを選ぶようにしましょう。

動画配信以外のサービスにも注目

動画配信だけでなく、電子書籍を配信していたり、毎月ポイントが付与されて、それを映画館のクーポンとして利用できたり、それぞれ色んなサービスがあります。自分にとって役立つサービスを基準にするのもいいと思います。

月額費用だけで選ばない

月額コストは大事ですけど、それだけで選ばずに、サービス内容などしっかり見極め、自分にとって費用対効果が合うかどうかで選ぶようにしましょう。

例えば、U-NEXTは月額費用は2,000円くらいします。ほとんどのサービスが500~1000円くらいなので、値段だけみるとかなり高く感じますけど、それだけの価値があるのも事実。まずU-NEXTには動画だけでなく電子書籍配信もあります。漫画も結構な数あるので、漫画好きな人には大きなメリット。あとは、見放題配信数がNO.1。前述した通り、配信しているけどレンタル料がかかるというものがあります。観たい作品がレンタル配信だった場合、一作品あたり300~500円くらいかかります。たくさん映画が観たいという人には月額2000円払ってでもU-NEXTの方がお得な場合があるんです。また、U-NEXTにはポイント付与サービスがあります。毎月1200ポイント付与されるのですが、これは1200円分のポイントとして利用可能です。レンタルビデオ同様、新作映画なんかはどのサービスも見放題ではなくレンタル料が500円とかかかってくるので、毎月新作をチェックする人は2本は無料で観れるというわけです。電子書籍、漫画の購入費としても利用可能です。毎月漫画や本を購入する人には断然U-NEXTをおすすめしています。最近は忙しくてそこまで映画の本数が観れないので一旦解約しましたが、僕も以前はU-NEXTに入っていました。最近観たい見放題作品も増えてきたので再度契約しようかと思っています。

機能も考える

ダウンロード、オフライン視聴がかのうかどうか。同時視聴が可能かどうか。この辺はチェックしておきましょう。まずオフライン視聴は圏外の場所での視聴や、wi-fi環境外での通信料節約のために役立ちます。オフラインでの視聴機会が多そうな人は必ず可能かどうかをチェックしましょう。

同時視聴は、家族で同時間帯に別々の作品を観る機会がありそうな人には便利な機能です。U-NEXTやネットフリックスには付いています。

各VODサービスの特徴

僕が利用したことがあるサービスになっちゃいますけど、各VODサービスの特徴と僕なりのおすすめポイントをご紹介します。

U-NEXT

見放題配信数NO.1のVODサービスです。映画、アニメ、国内ドラマ、海外ドラマ、バラエティ。バランスよく何でも揃っている印象です。

古い映画やドラマもあるので、映画好きの人にはかなりおすすめ。あと毎月1200ポイント付与されるので新作映画を観る人や、毎月電子書籍を購入する人にもおすすめです。膨大な数な映画がいつでも観れる上に、新作映画や書籍も購入できちゃいます。

オフライン機能や同時視聴もあります。

オールマイティなイメージですね。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム会員であれば誰でも観れるというのは大きいです。作品はどのジャンルもまんべんなく揃っていますけど、他のサービスと被る内容で独自の作品はあまり多くないかも。ただ、最近はオリジナル作品が増えてきて、「バチェラー」なんかが人気のようです。

Netflix

オリジナル作品が最強。「全裸監督」や最近だと、海外ドラマの「チェルノブイリ」なんかも人気です。ここでしか観れない作品なので、他と併用するのもアリ。それくらいの価値はあります。

Hulu

全作品見放題。国内ドラマが強いイメージ。Huluだけの独占も結構多いです。

Paravi

国内複数の民放が共同で運営している動画配信サービス。国内ドラマが強いです。しかも独占が多い。国内ドラマ、しかも最新作好きにおすすめ。最近はドラマのサブストーリーをパラビだけで配信みたいなことも多いようです。

dTV

月額500円という安さが魅力。最近的にはアマゾンプライムとかとあまり変わらないかも。韓国ドラマは独自の作品が多いイメージ。

FOD

フジテレビオンデマンド。フジテレビが運営しているVODサービス。フジテレビのドラマやバラエティに強いです。フジテレビの昔のドラマとか観たくなる作品揃っています。電子書籍の配信もアリ。

DAZN

スポーツ配信サービス。海外サッカーなんかはここでしか観れない試合もあります。スポーツ好きで観たい競技がある人はおすすめ。ライブもやるし、見逃し配信もやるし、テレビではできないアングル変更なんかもできます。サッカー試合の俯瞰のアングルなんかは戦略分析なんかにおすすめ。


この他、アニメに強いサービスやアダルト作品に強いサービスなんかも色々あります。大体どれも無料期間があるので一度使ってみて、自分に合ったVODサービスを見つけてみてください。